リフォームに関する情報が満載!

塗装のリフォームの必要性について

外壁にヒビが入っている際に、リフォームの方法として塗装があります。
塗装を行うことは外観がきれいになるだけでなく、家と住人を守るためにとても大切なことなのです。
まず外壁にヒビがあるとそこから雨水が侵入し、柱をつたって土台へと水が溜まってしまいます。
そうすると土台は湿りだんだんと腐ってくるのです。
土台が弱ると柱も歪んでしまい、家が傾いてきます。
また柱や土台の湿気は部屋の壁などに黒カビが発生する原因となり、黒カビによって住人がアレルギーやアトピーなどを発症してしまうこともあるのです。
家が傾かないためにも、家族が健康であるためにも、できるだけ早く外壁のヒビを塞ぐ必要があります。
その手段として塗装が行われるのです。
ヒビを塞ぐことで雨水は侵入しなくなり、柱や土台も時間をかけて乾燥し、カビの発生も防ぐことができるでしょう。
ヒビを放置しておくとどんどん状態が悪化してしまい、直す時間も費用もかかってしまうので、できるだけ早くリフォームすることが大切です。

家のリフォームに使用される塗装の種類

新築の家でも5、6年が過ぎると色褪せが目立ち始めてリフォームする必要が生じてしまいますが、その際は塗装の種類を選択する必要があります。
ただ、より良いリフォームしようと思えば、単に高額なものを選べばいいというわけではなく、用途や条件によって適切なものを見極めることが大切です。
色々種類のある塗装の中でも、最も汎用性が高くてよく使われているのがアクリルです。
耐久年数は約8年と短めですが、安価で使い勝手が良いのでリフォームの際には第1候補として挙がるでしょう。
他に、よく使われるものとしてはウレタンがあります。
耐久年数は10年ほどで紫外線に強く、水をよく弾くのが特徴です。
もっと耐久性にこだわるのであればシリコンを使ってみるのがよいでしょう。
汚れにも強いため、戸建住宅を美しく保とうとする目的には最適です。
耐久年数も約15年とかなり長くなりますが、それだけに値段は少し高額になってきます。
ちなみに、シリコンよりもさらに高額で、耐久性の面では最高級の性質を誇る塗装がフッ素です。

『リフォーム 塗装』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/fud6k3t5/public_html/cuttslol.com/tosou.html on line 76

Valuable information

最終更新日:2016/2/5

▲ページトップ

Copyright (C)2015 Re;Horm.All Right Reserved.